診療案内

診療科目

精神科・心療内科
うつ病・うつ状態、双極性障害(躁うつ病)、統合失調症、パニック障害、社交不安障害、強迫性障害、認知症、不眠症など

うつ病

これらの症状でお悩みの方は「うつ病」の可能性があります。

  • 憂うつな気分や沈んだ気持ちが晴れない、わけもなく涙が出る
  • 今まで楽しめていた趣味に興味が持てない
  • 眠れない、寝つきが悪い、朝早く目が覚める
  • 食欲がない、空腹感がない
  • 仕事を始めるのがおっくうで集中できない
  • 自分のせいで仕事がうまくいかないと感じる
  • 今まで普通にしていた家事が手につかない
  • おしゃれや着るものに関心がわかない
  • 疲れがとれにくい、すぐに横になりたくなる
  • 頭痛や頭の重さがとれない
  • 過去のことをいろいろ思い出して後悔してしまう
  • 生きているのが嫌になることがある

双極性障害

これらの症状でお悩みの方は「双極性障害」の「躁状態」の可能性があります。

  • 落ち込むときと動けるときの差が激しい
  • 動けるときは夜に眠らなくても平気である
  • おしゃべりを始めると止まらない
  • 何でもできるような気分になる、急にえらくなったような気分になる
  • お金のつかい方が荒くなった
  • いろいろなアイデアが次々と浮かんでくる
  • ちょっとしたことでイライラし、怒りっぽくなった

統合失調症

これらの症状でお悩みの方は「統合失調症」の可能性があります。

  • 聞こえるはずのない物音や人の声が聞こえるようになった
  • 周囲からは理解してもらいにくいような発言(事実と異なる内容の発言)が増えた
  • はっきりした口調で(誰かと会話しているかのごとく)独り言を言うようになった

 

パニック障害

これらの症状でお悩みの方は「パニック障害」の可能性があります。

  • 心臓がドキドキして、今にもはり裂けそうになる
  • 手の平や、全身に汗をかく
  • 体や、手足がふるえる
  • 急に息苦しくなり、どう呼吸していいか分からなくなる
  • 窒息感、または喉(のど)が詰まった感じがする
  • 胸の痛みや圧迫感、不快感がある
  • 吐き気や胃をギューとつかまれて引っ張りあげられる感じがする
  • めまいがして、頭から血の気が引く感じがする
  • 現実感が失われ、自分が自分ではない感覚が起こる
  • 自分をコントロールできなくなる恐怖や、気が狂う恐怖に襲われる
  • このままでは死んでしまうという恐怖を感じる
  • 体の一部にしびれ感や、うずきを感じる
  • 冷たい感じや、ほてった感覚がある

社交不安障害

これらの症状でお悩みの方は「社交不安障害」の可能性があります。

  • 人前で何かをすることによって、悪い評価をされるのではないかと不安になる
  • 周囲から注目を浴びるようなことをして、恥ずかしい思いをしてしまうのではないかと不安になる
  • 緊張して人前で話ができない 言葉につまり頭が真っ白になってしまう
  • 知り合いの集まりに入っていけず、飲み会なども断ることが多い
  • 人に聞かれているのではないかと思い、会社で電話をすることが苦手
  • 人前だと手が震えてきて字が書けない

強迫性障害

これらの症状でお悩みの方は「強迫性障害」の可能性があります。

  • 汚れや細菌汚染の恐怖から過剰に手洗い、入浴、洗濯をくりかえす
  • ドアノブや手すりなど不潔だと感じるものが怖くてさわれない
  • 戸締まり、ガス栓、電気器具のスイッチを過剰に確認する
  • 誰かに危害を加えたかもしれないという不安がこころを離れず、新聞やテレビに事件・事故として出ていないか確認したり、警察や周囲の人に確認する
  • 自分の決めた手順でものごとを行なわないと恐ろしいことが起きるという不安から、どんなときも同じ方法で仕事や家事をしなくてはならない
  • 不吉な数字・幸運な数字に、縁起をかつぐというレベルを超えてこだわる
  • 物の配置にこだわりが強く、必ずそうなっていないと不安になる。

認知症

これらの症状でお悩みの方は「認知症」の可能性があります。

  • 新しいことが覚えられなくなった
  • 日時が分からなくなった
  • 同じことを何度も繰り返し聞いてくる
  • 同じものばかり買ってきてしまう
  • 昔の出来事を昨日あった出来事のように話す
  • 大事なものが管理できなくなり盗られたという
  • 以前楽しんでいたことに興味を示さなくなった
  • 怒りっぽくなった
  • 存在しない小動物や人が見えるという
  • 転びやすくなった

睡眠障害(不眠症)

これらの症状でお悩みの方は「睡眠障害」の可能性があります。

  • なかなか寝付けない
  • 夜中に目が覚めてしまい、それからまた眠れない
  • 明け方に目が覚めてしまう
  • 眠れた感じがせず、疲れがとれない
  • 夜は十分に眠れているのに、日中も眠気が強い
  • 足がムズムズして眠れない
  • いびきが強いと指摘され、寝ているときに呼吸が止まることがある
  • 寝ながらごそごそと動き回ったり、大声で叫んだりする

初めて診察を受けられる方へ

初診までの流れ

初診の方には、お電話でのご予約をお願いしています。お電話にて、お名前、生年月日、大まかなご相談内容をお伝えください。
後日、確認のためのお電話をこちらからさせて頂くことがございますので、ご連絡先もお伝えください。
当日のご予約も受け付けていますが、予約状況によりご希望の日時での診察をお受けいただけないこともございますのでご了承ください。

 
【初診時にお持ちいただきたいもの】
  • 健康保険証
  • 他院にて治療中の方は、内服中のお薬の内容が分かるもの(お薬手帳など)
  • 自立支援医療制度をご利用中の方は、当院受診までに指定医療機関の変更をおすすめします

ご予約時間の10分程前にご来院下さい。受付で保険証の提示などをお願いします。
受付、診察、お待ちいただく時間等を含め、1-2時間程度お時間をいただきます。
当院では、初診の際に問診票のご記入をお願いしています。

 

お薬について

当院では、お薬の処方は院外処方となります。
診察終了後、処方箋をお渡ししますので、お近くの調剤薬局でお薬をお受け取りください。
ご不明な点は、受付でお尋ねください。

↑ ページ先頭へ